ノベルティ

ノベルティ配布の歴史と今

今ではすっかり身近な存在になったノベルティ・グッズは、過去の歴史の中でどのようにはじまり、そして現在のように広告宣伝の手法として確立されていったのでしょうか。現代とは違って印刷技術や通信手段が乏しかった時代に、商人たちはどうやって宣伝を行い、顧客を獲得してきたのか。今回はノベルティと広告宣伝手法の歴史、変遷を紐解いていくことで、どうすれば人から愛されるノベルティを制作できるのか考えていきたいと思います。

ノベルティの歴史

販促品としてのノベルティのはじまりは、約400年前の江戸時代までさかのぼります。今でいうチラシの役割を果たしていたのが、当時の商店が配布していた『引き札』と呼ばれるものでした。最初のうちこそ色の数も少なく、内容も簡素なものでしたが、印刷技術の進歩とともに浮世絵が印刷されたものや、カレンダーが付いたものなど多くの引き札が発行されるようになりました。商売繁盛を願った縁起のいい絵が入ったものも多く、家の壁や襖に貼る人や、中には引き札を集めるコレクターのような人もいたそうです。
また、引き札を持参した来客者には割引提供する、おまけの品を付けるという、今でいうクーポン付きチラシのようなものも当時の人々から人気を集めました。
こうして引き札はチラシという販促の役割を果たしつつ、人々にとってはもらってうれしいものとなっていったのです。

ノベルティの今

現代では一口にノベルティといっても種類もさまざまです。ノベルティ配布の目的も広告・宣伝という大筋は変わらないものの、さらに記念品としての役割やお礼の品、お祝いの品といった新たな役割も与えられるようになってきました。
しかし、制作する側にとって変わらないこともあります。それはもらった人に喜んでもらえる品であるということに他なりません。
せっかく制作・配布をしたノベルティも、もらった人にとってあまり価値のないものでは販促品としての効果も半減してしまうかもしれません。
その昔引き札が華やかな見た目で人々に楽しみを与えていたように、現代におけるノベルティは見た目ばかりではなく実用性が求められるようになっています。

時代に合わせたノベルティ制作を

現代ではチラシをノベルティとして配布しても喜んでもらえることはごく稀だと思います。引き札のように有名なアーティストによる絵が描かれていたとしても、やはり喜んで受け取ってもらえることはあまりないでしょう。その絵がすべて1枚1枚手書きで、同じものが2つとないのであれば話は別ですが、そうなれば制作にかかるコストは莫大なものになってしまいます。
現代のノベルティ制作においては、見た目ばかりでなく実用性が求められるようになりました。例えばボールペンであれば日々の生活の中で使用する機会も多く、定番アイテムの一つです。また、実用的で書き味の見た目に関してもあまり派手なものや奇抜なものは、普段から持ち歩いたり身に着けたりするのにはあまり向かないため、デザインはむしろシンプルなものの方が好まれる傾向にあります。代わりに誰が作ったものなのか、何のために作ったものなのかをしっかりアピールできるよう名入れをしておくことで広告宣伝の効果を果たしてくれます。

制作にコストをかけすぎず、日常生活でよく使うもの、さらにシンプルなものと絞っていくと名入れボールペンはちゃんと時代に合ったノベルティアイテムであると言えます。最近ではスマートフォンの普及に合わせてタッチペン付きのボールペンなどもありますので、配布するターゲットによってボールペンに変化をもたせることも可能です。
ノベルティを広告宣伝目的で配布する際は、受け取った人に喜んでもらい、たくさん使ってもらうことでより効果を高めることができます。生活に根差したものを選ぶことを心がけましょう。今も昔も、相手に喜んでもらえるものを制作・配布することがお客様を呼び込む一番の方法です。