ノベルティ

社名入りのボールペンはどんな時に使える?

名入れボールペンは、今では誰でも気軽に作ることができるほど身近な存在になりつつあります。社名入りボールペンはどのような状況で有効活用することができるのでしょうか。
具体的に活用されている方法と、社名入りボールペンのメリットについて紹介していきます。

就職説明会の時にノベルティとして配る

就職説明会の際に名入れボールペンをノベルティとして配ることがあります。社名入りのボールペンを説明会に参加した就活生に配布することで、企業認知の一貫として活用することもできます。説明会の受付けや、会場の入り口などで配ることができ、説明会に来場された方が片手で簡単に受け取れるボールペンは、説明会での筆記などにすぐ使え貰える側にとても好まれる傾向にあります。
名入れボールペンを作られる企業様によって様々ですが、「多くの人に配るので出来る限りコストは抑えたい」「説明会後も長く使ってもらいたいから書き味のいいボールペン」など様々です。
デジタル化が進んでいる昨今でも筆記具は必須アイテムです。中でもボールペンは、誰もが使う必需品。なので貰って嬉しいノベルティランキングでも、常に名入れボールペンが上位にランクインするのではないでしょうか。
社名入りボールペンは採用活動においても効率的に認知をはかれるものであり、宣伝効果もある名入れボールペンの活用をご検討されてみてはいかがでしょうか。

社名入りのボールペンを社員に配る

まず社名入りのボールペンを社員に配ることで、企業専用のアイテムとして共有することができます。専用のボールペンを作ることで会社に対する帰属意識をもたらすこともでき企業の一員としての自覚を持たせる効果が期待できるでしょう。デスクに、スーツの胸ポケットに、いつでも身近に置いてすぐ使えるようにしておくものですし、商談中にサッと取り出したペンに社名が入っていればその場の話題づくりにもなるかもしれません。もちろん自宅に持ち帰っても使えるものですので、社員にも喜ばれることでしょう。家族や友人へ、名刺の代わりに社名や取扱商品が入っているボールペンを渡すというのも1つの活用法です。

まとめ

・会社の広告として

社名入りボールペンをノベルティとして配布することは、宣伝効果や企業アピールに大きく貢献することになります。職場ならデスクのペン立てや胸ポケットなど、決まった場所にいつも置いているものなので非常に目に付きます。仕事以外の日常生活でもボールペンを使う機会は非常に多く目に止まるので、その分宣伝効果を期待できるものです。

・使い勝手がよくノベルティとして喜ばれる

ボールペンは仕事や勉強など、日常生活の多くの場面で使う機会が多いものなので、「ボールペンなら使えるから」という認識が受け取る側に備わりノベルティランキングでも常に上位に選ばれるアイテムとなっているのではないでしょうか。
やはり、受け取る側にあまり喜んでもらないノベルティですと、使われることがなくそのまま貰った事を忘れられてしまうようなアイテムでしは販促効果も薄れてしまいます。その点でもボールペンなら日常的に使う機会の多い身近なアイテムであり、受け取る側にとっても無駄になるものではなく受け入れられやすいことが1つのメリットです。

・サイズ感が丁度いい

ノベルティとして活用する際にはサイズ感を重要な要素の1つとして考えておく必要があります。例えば大きなイベント会場などでは多くの人で混雑しているなかで、ノベルティを配布するのにも困難な場面でも、片手で受け取れ、さっとしまえるボールペンは受け取っていただける方も多いのではないでしょうか。
ボールペンであればサイズは小さく、簡単に受け取れてカバンなどにしまえるため、混雑しているような場面でも邪魔になることはありません。
また、イベント会場などでアンケートの回答率をアップさせるためのノベルティとして、ご回答をいただいた来場者の方にボールペンをプレゼントしたりと使える場面も多く、非常に重宝されます。ノベルティを企業認知の意味合いを持たせるためには、実用的で長く使ってもらえるアイテムであることが大切です。

・シーンや目的に合わせて最適なボールペンを!

ここまでお伝えしてきたように、ボールペンは受け取る側にとって好まれるものであり、日常的に身近においてもらえることも多いため宣伝効果も見込める、ノベルティとして最適なアイテムの1つです。

・大量に作りたいので1本あたりの単価を抑えたい
・3色ボールペンやLEDライト付きボールペンなど多機能なものがいい
・記念品用に高級感のあるものを作りたい

など、さまざまな要望にお応えできるよう各種ラインナップ取り揃えております。商品選びや納期についてのご相談などはお電話やお問い合わせフォームから受け付けておりますので、気軽にお送りください。