名入れボールペンの人気ブランドは?プレゼント選びに最適!

仕事から勉強、日常生活まで、至るところで活用するボールペンは、人を選ばない万能ギフトとして人気です。
特に贈る相手の名前や、社名やロゴなどを入れられる名入れボールペンは、いつものボールペンに特別感をもたらすアイテムとして、幅広いシーンで活用されています。
名入れサービスはほとんどのボールペンに対応していますので、デザインや使い勝手などを考慮してブランドを選ぶことをおすすめします。今回は、名入れボールペンの人気ブランドや、ボールペンの選び方のポイントをご紹介します。

名入れボールペンの人気ブランド8選


ボールペンにはさまざまなブランドがあり、それぞれ特徴やデザインに違いがあります。
今回は、数あるボールペンの中から、名入れギフトにおすすめのブランドを8つご紹介します。

1.ジェットストリーム(三菱鉛筆)


日本の老舗文具メーカー「三菱鉛筆」から発売されているボールペンブランドです。
油性ボールペンでありながら摩擦力が少なく、軽い力でなめらかに書けるところが特徴です。

また、インクの速乾性が高く、書いたそばから乾いていくので、手が汚れたり、文字がすれたりする心配がありません。
新しい色材と顔料の組み合わせにより、従来インクよりも黒色密度が約2倍に上がっているため、くっきりとした線を描けるところもジェットストリームならではの魅力です。

価格帯も数百円程度のリーズナブルなものから、1本あたり5,000円以上する「ジェットストリーム プライム」という高価格帯商品もラインナップしており、贈る相手や予算に合わせて最適な商品を選ぶことができます。

名入れボールペン ジェットストリーム商品一覧


2.フリクション(パイロット)


フリクションは株式会社パイロットコーポレーションから発売されている、温度変化によって透明に変わる特殊なインクを使用した消せるボールペンです。「一度書いたら消えない」という従来のボールペンの常識を覆す「消せるボールペン」は、2006年の発売以来、瞬く間に人気を博しました。ペン先の逆側についている消しゴムを使えば、シャープペンのような感覚で描線を消すことができるので、従来のボールペンより気軽に使えます。

商品ラインナップも、ビジネスシーンにおすすめの「ビズ」を筆頭に、シックな木目調の「ウッド」、スタイリッシュな「メタル」、各種多色タイプも扱っているなどバリエーション豊富です。

名入れボールペン フリクション商品一覧


3.ブレン(ゼブラ)


三菱鉛筆と並び、国内でのシェア率が高いゼブラ株式会社から発売されているボールペンブランドです。

独自技術「ブレンシステム」の採用により、文字を書く時のストレスにつながりやすい筆記振動(ブレ)を制御し、長時間使っても心地良いボールペンを実現しました。単色ボールペンはもちろん、1本で3色使え、かつ単色タイプと太さが変わらない「ブレン3C」や、ボールペンとシャープペンを一体化した「ブレン2+S」といった多機能タイプも発売されていますので、相手の好みや利用シーンに合わせて選べるところも魅力です。形のバリエーションは少なめですが、シンプルでユニセックスなデザインなので、性別や年齢を選ばずプレゼントできるでしょう。

名入れボールペン ブレン商品一覧


4.サラサ(ゼブラ)


ブレンと同じゼブラ株式会社から発売されているサラサのボールペンは、ジェルボールペン国内シェアNo.1の実績を誇る人気ブランドです。

名前の通り「サラサラ」となめらかに、かつ濃く書けるボールペンとして知られており、筆圧の弱い人でもくっきりとしたクリアな文字を書くことができます。サラサはコンセプトやデザインによって複数の種類に分かれており、最もスタンダードな「サラサ」のほか、可動式のバインダークリップのついた「サラサクリップ」や、速乾性の高い「サラサドライ」、高級感があり、プレゼントにぴったりな「サラサグランド」など、ラインナップも豊富です。価格もリーズナブルなので、ノベルティや販促品、記念品などの大量発注でもローコストに抑えられます。

名入れボールペン サラサ商品一覧


5.アクロボール(パイロット)


高機能なのに使いやすい筆記具を提供する総合筆記具メーカー「株式会社パイロットコーポレーション」から発売されているボールペンブランドです。

名前の由来にもなっている「アクロインキ」は、インキの粘度を従来のボールペンの1/5に抑えた画期的なもので、油性ボールペンでありながら、水性に近い軽やかな書き心地となっています。インキの粘度が低いぶん、ペン先へのインキ供給もスムーズになるため、最初から最後までムラのない濃い筆跡で文字を書くことが可能です。

ペン先の太さは、激細の0.3mm~中字の1.0mmまでそろっており、多色タイプのボールペンや、蛍光ペン付き、修正テープ付きなどの多機能タイプ、アクロボールと同じアクロインキを使用した高級タイプなど、様々なラインアップが存在します。

名入れボールペン アクロボール商品一覧


6.ビクーニャ フィール(ぺんてる)


1946年創立、くれよんや絵の具、サインペンなどの文具を発売していることでおなじみの「ぺんてる株式会社」のボールペンブランドです。

粘度の低い「ビクーニャインキ」を搭載しており、油性ながらスイスイとなめらかに描線できるところが大きな特徴です。最も多用する黒インキは、テカリが少なく、深みのある黒色を追求することで、くっきりと鮮明な筆跡を実現しています。コイルスプリングを使用したバインダー構造のクリップは動きがスムーズなので、厚みのある書類や、スーツの胸ポケットにボールペンを挟み込むときに便利です。インキの色やボディのカラーバリエーションが豊富なところも人気の秘密です。

名入れボールペン ビクーニャ フィール商品一覧


7.VFM(シェーファー)


創業100年以上の歴史を持つ老舗の筆記具ブランド「シェーファー」のボールペンブランドです。

Vibrant(生き生きと)・Fun(楽しく)・Modern(今を生きる)という思いを込めて作られたVFMボールペンは、柔らかな曲線を描くメタリックボディが印象的です。

すんなりとした丸みを帯びたデザインなので長時間使っていても疲れにくく、ビジネスから勉強まで幅広いシーンで重宝します。
メタリックなクロームプレートを使用せず、真鍮とラッカーのみで仕上げたマットな見た目の「グロスホワイトラッカー」もありますので、相手の好みに合ったタイプを選びましょう。また、ネオンブルーやラディカルレッドなどのさまざまなカラーも用意されているので、性別に左右されず、幅広い方におすすめできます。

シェーファー 名入れボールペン一覧


8.タウンゼント(クロス)


アメリカで最も古い歴史を持つ高級筆記具メーカー「クロス」のボールペンブランドです。アールデコ調のなめらかなボディラインと、ダブルリングの入ったデザインは、クラシカルで上質なイメージを与えます。

歴代アメリカ大統領に選ばれた格式のあるペンとしても知られているため、年配の方や、お世話になった方へワンランク上の贈り物をしたいという方におすすめです。タウンゼントの名入れボールペンの価格は10,000円~が主流となっています。

クロス 名入れボールペン一覧

名入れボールペンの選び方


名入れボールペンを選ぶ際、チェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

1.書き心地で選ぶ


ボールペンは日常的に使うものですので、書き心地の良いものを選ぶと相手に喜ばれます。

一般的に普及しているボールペンは0.5~0.7mmが多いです。
近年発売されているボールペンでは書き心地が良いのはもはや当たり前で、いかになめらかに、かつ細字で書けるかの勝負になりつつあります。

普段ビジネスでよくボールペンを使用される方向けには、一般的に使用されている太さで、軽い力でもなめらかに書けるボールペンがおすすめになります。
トレンドは細字のボールペンになりますが、例えば複写伝票をよく利用するなど、特殊な使用環境の方向けには1.0~1.2mmなどの太字のボールペンもあります。ノベルティなどでたくさんの方に配るような場合は一般的な太さの0.5~0.7mmのボールペンを選ぶのが無難です。

2.予算で選ぶ


ボールペンの価格はピンキリで、数百円程度で購入できるものもあれば、数千円するものもあります。

大切な人や、お世話になった人へのプレゼントなら、2,000円~5,000円程度の高価格帯ボールペンを贈ると、特別感が増して上質なギフトになります。

一方、ノベルティや記念品として多数の人に渡す場合は、1本あたり100円~300円程度のリーズナブルなものを選ぶと予算を抑えられます。業者によっては、注文ロット数が多いほど1本あたりの単価が安くなるところもありますので、名入れボールペンの注文先を選ぶ場合は、ロット数ごとの値段を比較しましょう。

3.色・デザインで選ぶ


ボールペンは色やデザインのバリエーションが非常に豊富なので、見た目で選ぶというのもひとつの方法です。

個人用として贈る場合は、相手の好きな色を選ぶか、用途や利用シーンに合った色を選びましょう。

たとえば仕事で利用するのなら、ブラック系やネイビー系など、シンプルで落ち着いた色合いのボールペンを選ぶのがおすすめです。

贈る相手が女性なら、シルバーやペールトーン(薄い色、淡い色)などのボールペンを選んでもよいでしょう。

ノベルティや販促品なら、会社のイメージカラーやコーポレートカラーを取り入れたボールペンを選ぶと、社名やブランドを印象づけることができます。

【まとめ】

名入れボールペンは年齢・性別問わず喜ばれる万能ギフト


ボールペンは、ビジネスから学業、日常生活まで幅広いシーンで活用できるオールマイティな筆記具です。

性別や年齢、職業に関係なく使用するものですので、誰に贈っても喜ばれます。

ボディに贈る相手の名前を入れれば、オンリーワンの特別なギフトになりますので、ボールペンをプレゼントするときは、ぜひ名入れサービスを利用しましょう。

安価で高品質な名入れボールペンをお求めなら、年間200万本の名入れボールペン納品実績を誇る「SPEEDIA(スピーディア)」への発注がおすすめです。

大量発注はもちろん、1本から製作可能な個別名前入りペン製作も請け負っていますので、大切な人へのプレゼントにぴったりです。