営業ツールとしてのノベルティの活用方法とは?

企業ブースなどのイベントや店頭などで配布するノベルティは、営業ツールとしても活用できます。
新規訪問、飛び込み訪問の際に配布すれば、カタログや名刺だけを渡すよりも関心を持ってもらえます。

得意先への訪問の際、定期的にノベルティを配ることで、顧客ロイヤリティを高めることも可能です。
このほかDMと一緒に送付して開封率を上げたり、来店客や商品購入客に配布してお得感をアップさせたりなど、さまざまな活用方法があります。

今回は、営業ツールとしてのノベルティ活用方法や、おすすめのノベルティアイテムなどについてご紹介します。

ノベルティは関心を持ってもらうきっかけ作りに最適な営業ツール


販売促進・広告宣伝として、イベント配布や店頭配布などで活躍するノベルティは、営業においても欠かせないツールの1つです。
会社訪問の際、相手が自社の商品やサービスに対して関心が薄い場合でも、ノベルティを配布することで興味を引き、商品やサービスをアピールするきっかけ作りになります。

営業ツールとしての役立つ4つのノベルティ活用方法


営業ツールとしてのノベルティ活用方法には、次の4つがあります。

1. 新規訪問の顧客との距離を縮めるツールとして


企業によって営業スタイルはさまざまで、ときには顧客の新規開拓を目的に、飛び込み営業を行う場合もあります。
しかし、特別な訪問理由がなく、商品の紹介やカタログ、自分の名刺を渡すだけでは、相手に関心を持ってもらうことは難しいでしょう。

新規訪問の際に強い印象を残し、少しでも標品やサービスに興味を持ってもらうためには、カタログや名刺とともにノベルティを配布するのがおすすめです。

ノベルティは実用性が高く、老若男女に喜ばれるようなものにしましょう。
ノベルティを配布することで相手との距離も縮まり、他社の飛び込み営業との差別化を図ることも可能です。

2. 得意先などに配布して顧客ロイヤルティを高める


ノベルティは、すでにお世話になっている得意先など、既存顧客への営業にも活用できます。
会社訪問の際、挨拶品としてちょっとしたノベルティを定期的に配布し、顧客ロイヤリティをアップさせましょう。

配布するノベルティはオフィスや外回りなど、ビジネスシーンで普段使いできるようなものがおすすめです。
ボールペンや付箋、デスク小物など、ステーショナリー系のノベルティグッズであれば、いくつあっても困ることはなく重宝するでしょう。

社名や自社ブランドロゴを名入れしたノベルティを配ることで、使ってもらう度に自社をアピールすることが可能です。

3. DMに同封して顧客の興味を引く


営業の一環としてDMを送付するときにはノベルティを同封しましょう。
同封するノベルティは封筒に入る大きさで、配送中に壊れにくいもの、できるだけかさばらないものを選ぶのがポイントです。

ボールペンやクリアファイルなどの文具類は封筒にも同封しやすく、おすすめです。こうしたちょっとした工夫でDM開封率がアップし、効率的に宣伝することができます。

4. 来店客・購入客に配布してリピーター獲得につなげる


来店してくれた顧客や商品を購入してくれた新規顧客に対して、お礼の気持ちとしてノベルティを配布するのもよいでしょう。

ちょっとしたものでも「無料でもらえる」というお得感から、顧客の満足度がアップし、リピーターの獲得にもつながります。

営業ツールとして効果的なノベルティ作り2つのポイント


営業ツールとして活用するノベルティを作る際は、幅広い層に受けるデザインと、自社ロゴやキャラクター、名入れをして会社をアピールすることが欠かせません。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

1. 男女問わず幅広い年齢層に受けるデザインにする


営業ツールとしてのノベルティを作る際は、特定のターゲットに絞ったデザインよりも、男女問わず、幅広い年齢層に喜ばれるデザインを重視することがポイントです。

ノベルティは、日常的に使用してもらうことで販促効果がアップします。
シンプルで実用性の高いデザインを心がけましょう。

派手な色やデザインのものはインパクトを与えることはできますが、普段使いするには向いていません。

2. 名入れや自社キャラクターでしっかりアピールする


営業ツールとしてのノベルティの役割は、自社の商品やサービスをアピールするためのきっかけ作りです。
ノベルティアイテムには名入れをして、自社をしっかりアピールすることが重要です。

名入れとは、ノベルティに自社ロゴや会社名をプリントすることです。
場合によっては商品名や、PRコメントを入れるのも効果的でしょう。

自社のイメージキャラクターをプリントするのもおすすめです。
愛らしいキャラクターを使った視覚的なアピールは、受け取った側の認知を高める効果があります。

営業ツールとしてのノベルティアイテムを選ぶときのポイント3つ


営業ツールとして活用できるノベルティ選びは、次の3つのポイントを押さえましょう。

1. 実用性が高いもの


ノベルティは配布するだけでなく、どれだけ使ってもらえるかが大切です。
ノベルティが使いにくいものだと、使用されないままどこかに放置されてしまう可能性があります。

これではノベルティの販促効果を十分に得られません。
ノベルティをできるだけ長く使ってもらうことを意識して、実用性の高いアイテムを選ぶことが大切です。

営業ツールとしてのノベルティであれば、ボールペンや付箋、メモ帳、クリアファイルなど、オフィスで活躍するステーショナリーグッズがおすすめです。

2. 会社のイメージにつながりやすいもの


自社の印象をさらにアピールしたい場合は、実用性を考慮しながら、会社のイメージにつながりやすいアイテムを選びましょう。

たとえば、Webコンテンツ制作系の会社であれば、画面クリーナーやマウスパッドなど、パソコン周りのアイテムがおすすめです。
会社のイメージやサービス内容を連想させやすいノベルティを配布することで、より認知度を高めることができます。

3. 季節感に合ったもの


営業ツールとして配布するノベルティによって、自社の印象をより良くするためには、受け取った側が喜ぶようなアイテムを考えなければなりません。

たとえば、ノベルティを配布する季節です。
夏の暑い時期であれば、冷感タオルなどの熱中症対策グッズ、冬の季節であれば、年末の社内掃除に役立つお掃除クロスやコンパクト粘着クリーナーなどがおすすめです。

季節感に合ったノベルティは気軽に使いやすく、受け取った側も重宝するでしょう。

4. 持ち歩きやすいサイズのもの


ノベルティは持ち歩きやすいサイズが望ましいでしょう。
とくに来店客に配布するノベルティは、顧客が持ち帰りやすい、コンパクトなサイズのものが好まれます。

サイズの大きいもの、かさばりやすいアイテムは敬遠されてしまうことが考えられますす。

営業ツールにおすすめのノベルティアイテム3選


ここでは、営業ツールとしてのノベルティにピッタリのアイテムを3点ご紹介します。
話題性やインパクト重視などで奇をてらったものよりも、定番のアイテムを選ぶことがポイントです。

1.ボールペン


ノベルティといえば名入れボールペンが最も定番といえるアイテムでしょう。
ボールペンは日常的に使うものですし、ビジネスシーンでの使用率も高く、実際に「貰って嬉しい」ノベルティランキングでも常に上位に入るアイテムです。

名入れボールペンのメリットは、安価な物は20円程度から数百円程度で大量に製作でき、多くの方に配れることが最大のメリットです。ボールペンにはたくさんの種類がありますが、営業ツールとして配布する際にはビジネスパーソン向けのボールペンがおすすめです。
例えば、配られたお客様がビジネスシーンなどで使用していただくことを想定し、書き心地や、機能・性能で選ぶのも1つではないでしょうか?
貰われた方に喜んでいただければ、実際に使ってもらいやすくなり、ノベルティ効果も上がるのではないでしょうか。


2. デスクに置ける卓上カレンダー


薄型卓上カレンダーは、営業ツールや企業向けブースでの配布用ノベルティとして人気が高いアイテムです。
卓上カレンダーだけではなく、名入れカレンダーは1年の間に何度も名入れしてある社名を見ていただくことが最大のメリットです。

ノベルティで卓上カレンダーを選ぶ際は、メモ欄があるもの、月ごとのイベントや祝日が記載されているものがおすすめです。
カレンダーには社名だけでなく、自社PR、電話番号、URLなどを名入れしておくことで販促効果がアップします。

3. 生活必需品となった除菌ウェットティッシュ


新型コロナウイルスの流行によって、今や生活に欠かせない存在となった除菌ウェットティッシュは、配布シーンを選ばず、幅広い層に喜ばれるノベルティです。

シール部分の自社ロゴやキャラクターをプリントすれば、アピール度もアップします。外出の際に携帯できるタイプがおすすめです。

4. 夏場に喜ばれる冷却タオル


暑い夏場に喜ばれるノベルティアイテムとしては、冷却タオルがおすすめです。
水に濡らすだけでヒンヤリと気持ちがいい冷却タオルは、外回りの際の熱中症対策として、受け取った側に大変重宝されるでしょう。

首に巻きやすいスカーフタイプやマフラータオル、ハンドタオルなど、さまざまなタイプがあります。
ボトル入りタイプのものを選べば、塗れたままのタオルを収納できます。


【まとめ】

営業ツールにノベルティを活用して新規顧客やリピーター獲得につなげよう


営業ツールとしてノベルティは、使い方次第で新規訪問の際のきっかけ作りや顧客ロイヤリティの向上、DMの開封率アップなどに活用できます。
ノベルティは実用性が高くシンプルなデザインのものがおすすめです。

顧客がもらって嬉しい、使いやすいノベルティを配布することで、効率的な新規開拓・リピーター獲得につなげましょう。