名入れボールペン豆知識

ゲルインキボールペン エナージェルの誕生秘話

名入れボールペンの制作・配布にあたって重視すべきことは、受け取った人に喜んでもらえる、使ってもらえるものであるということです。速乾性のあるエナージェルのボールペンなら、さらに多くの人に喜んでもらえることでしょう。
名入れボールペンに限らず、ボールペンを選ぶ基準は人によってさまざまです。見た目の色や形状、重さ(軽さ)、書き心地に値段と、挙げていけばキリがありません。今回はなめらかな書き心地に加えて速乾性を実現した人気商品、ぺんてるのエナージェルについて、その魅力を詳しくお伝えします。

速乾性ボールペンの魅力

エナージェルの魅力はその速乾性にあります。文字の通り、紙に書いてからすぐに乾くので、書いたところを触っても文字が滲んだり、手が汚れてしまったりということが少なくなります。
ボールペンで書いていて手が汚れる、と言っても実感が沸かないという人もいるかもしれません。実はこれは、左利きの人にとって大きな魅力なのです。
多くの場合、日常生活で書くメモ等は横書きなので、左から右に向かって書いていると思います。左利きの場合、書いた文字の上にすぐ手が来ることになってしまうので、手が汚れてしまうことが多いのだそうです。エナージェルであれば書いてからすぐに乾くので、手が汚れる心配が少なくなります。
右利きの人にも、書いてすぐに乾くというのは大きなメリットです。例えば急いでいるとき、手帳にメモを書いてすぐ閉じてしまい、あとで見たら文字が滲んでいて困った、という人もいると思います。急いで書いたものだと文字もきれいに書けないことが多く、滲んでしまうとせっかくのメモが読めなくなってしまいます。速乾性のあるボールペンならこうした悩みも解決してくれます。

「世界で選ばれている」エナージェル誕生秘話

エナージェルを実際に手にとってみると、まずペン先の形状に目がいくと思います。いわゆる普通のボールペンと少し形が違って太さが二段階あり、先端部分はより細くなっています。これはニードルチップというもので、名前の通り針のように細く、細かい文字や細い線を書くのに適しています。
そして速乾性を実現しているのが「エナージェルインキ」です。
エナージェルは『海外市場に強い』、『画材のメーカー』というぺんてるの2つの強みから生まれたインキです。
左利きが多い欧米人が手や袖口を汚すことのない『速乾性』とアルファベットを書く際に求められる『なめらかさ』を兼ね備え、画材メーカーとしての色へのこだわりから、鮮やかな発色のインキであるエナージェルが誕生したのだそうです。

名入れボールペンは特別なものを贈りたい

「普段使うボールペンに特にこだわっていない」という人が多いのも事実です。こだわりがない分、今まで使ったことのない特殊なボールペンというのは、それだけで強い印象を与えることができます。エナージェルのように見た目にも特徴があり、かつ書き心地のいいボールペンであれば、お気に入りの1本として長く使ってもらったり、「あのときもらったペンが良かった」と、良い印象を持ち続けてもらえたりする可能性が高くなります。
名入れボールペンを制作・配布する際は貰われる方の印象に残るようなボールペン選びをすることも販促効果を得るための重要なポイントの一つではないでしょうか。