形や構造からボールペンを選ぶ

ボールペン選ぶ際のポイントはいくつかありますが、見た目の形も人によってはこだわりがあると思います。例えば現在のボールペンはノック式が主流ですが、キャップ式のタイプはペン先が乾きにくく、ポケットなどに入れているときに液漏れが起こらないといった利点があります。このほか、多色のボールペンやシャーペン一体型のものでは回転させて色を変えるものなどがあります。

また、ペン先の形状も一般的な円錐型のものだけではなく、針のような形になっていて細い線を書くのに適しているものもあります。
今回はこうした形や構造の違いからそれぞれの特徴について紹介しますので、名入れボールペン選びの参考にしてください。

ノック式ボールペンとキャップ式ボールペンの違い

現在主流になっているノック式のボールペンですが、一口にノック式と言ってもその形もさまざまです。もっとも一般的なものはペンの上部(芯と反対側)を1度押して芯を出し、もう一度押して引っ込めるというものですが、例えば芯を出すとロックが掛かり、別の解除用ボタンを押して芯を戻すものなど、たくさんの種類のものがあります。

キャップ式のものはペン先が乾きにくいという利点とともに、見た目の高級感の演出にもバッチリです。キャップ式を好んで使う人にとっては、手帳のペン挿しにペンを挿しているとき、ペンだけ引き抜けばそのまますぐに書けるというのも利点に感じている人が多いようです。

ツイスト(回転)式ボールペン

多色のボールペンやシャーペン一体型などの多機能ペンで多く採用されているのがツイスト式のボールペンです。キャップ式のような見た目の高級感がほしいけれど、キャップを無くしてしまう心配があるのであまりキャップ式は使わないという人もいるでしょう。ツイスト式の多くは多色や多機能でありながら、見た目がシンプルかつ高級感のあるデザインのものが多く、ワンランク上のビジネスアイテムとして親しまれています。

・手帳と一緒に持ち歩くのに最適
手帳への書き込みは黒一色よりも何色か使い分けることで、重要度などがわかりやすくなり後々役に立ちます。しかし色分けをするために何本もボールペンを持ち歩くのは面倒ですし、胸ポケットにたくさんのペンを挿しているのは見た目もあまりよくありません。多色・回転式のボールペンは見た目も使い勝手もよく、手帳と一緒に持っておくのに最適といえます。

ペン先の形と太さ

最初に少し触れたとおり、ペン先の形も大きく分けて2種類のものがあります。一般的な円錐型のものはコーンチップといい、高い筆圧にも耐えられる安定感があります。もう一つの針のような尖った形状のものは「ニードルチップ」といい、先が細いので筆記線が見やすく、細かい字を書くときにはこちらのもののほうが適しています。

ボールペンの線の太さはボール径(ボールの直径)で表示されていて、筆跡幅(線幅)とは異なります。サイズは0.5mmや0.7mmが一般的ですが、細い文字を書くための0.3mmのものから太字用の1mmを超えるものなど様々です。手帳など小さい字を書くときには細いもの、サインペンを使うほどではないけれど大きく書きたいときには太いものなど、用途によって様々です。

ここまで紹介してきたように、一口にボールペンといっても形や見た目の高級感、先の太さなど様々な違いがあります。人それぞれ好みによるので何が良いと一概に言うのは難しいですが、名入れボールペンを制作する際に配布するターゲットの好みになるべく近いものを選ぶことがも重要かもしれません。貰われる方に合わせた最適なボールペン選びも名入れボールペンによる宣伝効果を最大化する重要な鍵になるのではないでしょうか。


名入れボールペン製作専門だから種類豊富に品揃え
名入れボーペンの作成はスピーディアにお任せ下さい

お問い合わせはこちらから